dexcsPlus / rotatingFanInRoom

本コンテンツは、DEXCS2022 for OpenFOAMに収納を予定している約20の簡単チュートリアルケースについて、個別の概要を説明したものです。

 

ダウンロードはこちら(工事中)

FreeCADモデル(rotatingFanInRoom_AMI.FCStd)外観

モデル(rotatingFanInRoom_AMI.FCStd)の概要

解析コンテナ(rotatingFanInRoom_AMI.FCStd)の説明

プロパティ/TemplateCase にて、/opt/DEXCS/template/mesh

が指定されているので、DEXCS2022 for OpenFOAM 以外で使用する場合は、この部分を変更して使う事。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

使用しないが、DEXCSツールバーから、OpenFOAM端末を立ち上げ、以下コマンドライン入力する必要がある。

topoSet -dict ./topoSetDict

 

FreeCADモデル(rotatingFanInRoom.FCStd)外観

モデル(roatatingFanInRoom.FCStd)の概要

解析コンテナ(rotatingFanInRoom.FCStd)の説明

プロパティ/TemplateCase にて、/usr/lib/openfoam/openfoam2206/tutorials/incompressible/pimpleFoam/RAS/rotatingFanInRoom

が指定されているので、openfoam-v2206(バイナリインストール版) 以外で使用する場合は、この部分を変更して使う事。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

赤枠部分は、標準チュートリアルの細分化パラメタとおよそ合致させるよう、デフォルトパラメタを変更した箇所。

実行前に、DEXCS ツールバーから、OpenFOAM端末を立ち上げ、以下コマンドライン入力が必要。

mergeMeshes . ./AMI/ -overwrite
changeDictionary -dict ./changeDictionaryDict

D

標準チュートリアル(snappyHexMesh)との比較

 snappyHexMesh    dexcsPlus(cfMesh)  
mesh images

Npoints

161,665

202,474

Ncells

134,820

171,818

MaxASP

7.01183

6.879938

Max non Ortho

52.57982

61.31449

Max skew

4.13083

2.875093

residuals

result images

ExeTime

644.59

2676.93

Clock Time

732

2686

CPU :インテル® Core™ i9-11900K プロセッサー
(8コア  | 3.5GHz | 16MB キャッシュ)
OS : ubuntu-22.04

Share

「dexcsPlus / rotatingFanInRoom」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: dexcsPlus / 全体サマリー – オープンCAEコンサルタントOCSE^2

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください